肌の黒ずみは摩擦ダメージだった!色素沈着の原因と対処法

肌の黒ずみやワキの黒ずみが気になると、メイクやお洒落が楽しめなくなりますよね。毎日お風呂でしっかり洗っているのに、なぜ肌の黒ずみが起きてしまうのでしょうか。

ここでは、全身の肌の黒ずみや、ワキ部分の黒ずみに悩める人にアドバイスをさせてもらいます。

肌の黒ずみの原因とは?

黒ずみの原因はひとつではなく、いくつもの悪条件が重なって起こるものといわれています。

例えば、紫外線対策をせずに外出したり、下着の締め付けによる摩擦などが主な原因です。また、カミソリやシェーバーでワキ脱毛をすると、皮膚バリアが弱って黒ずみを起こします。

これらの要因が重なると、色素沈着という肌ダメージを招き、結果的に黒ずんでしまうというわけです。

肌の黒ずみは洗っても取れない?

黒ずみの実態は色素沈着ですから、洗っても取れるものではありません。むしろ洗えば取れると勘違いをして、ゴシゴシと擦るほうが摩擦を与え、更なる黒ずみを招くのです。

黒ずみを発見したら決して力を入れ過ぎないように、石鹸やボディーソープを泡立てて摩擦を与えずに洗ってください。

ナイロンなどの硬いボディタオルは肌を傷つけやすいため、できれば手のひらに泡を乗せて軽く洗う程度に留めておきましょう。

ワキの黒ずみは脱毛方法の見直しを!

全身のパーツの中でも、顔とワキ部分の黒ずみはとても気になりますよね。どちらも肌が柔らかい箇所ですから、正しい処置を行わないと黒ずみが悪化します。

顔とワキのそれぞれ専用のピーリング剤を使い、古くなった角質を除去する方法がベストです。特にワキ部分は脱毛時のダメージによって黒ずんでいる可能性が高いため、脱毛方法の見直しをしてください。

お肌に優しい除毛石鹸やクリーム、脱毛エステで施術してもらう方法が安心ですね。

週に1回程度のピーリングで黒ずみ除去

黒ずみに悩んでいる人が多いこともあり、市販でピーリング剤が多く取り扱われています。毎日の入浴だけでは角質が溜まってしまい、黒ずみが起こるので、定期的にピーリングをして肌を白く保つのです。

あまりやったことがない人がピーリングをすると、最初は黒ずみが一掃されて美しく見えるでしょう。だからといって毎日のように行ってしまうと、肌への刺激が強すぎて、再び黒ずみが起こるので注意してください。

週に1回くらいが最もベストな回数ですので、肌の様子を見ながら適度な回数に留めてくださいね。

顔やワキの黒ずみはとても気になりますが、ケアするほどに黒ずみが増してしまう危険もあります。説明したように、普段から色素沈着を起こすようなダメージを与えていないか確認してください。

脱毛方法を見直し、肌のターンオーバーが正常に戻るよう、適切にピーリングを行うのが改善ポイントです。