高換金率も夢じゃない!?アマギフ売買によるクレカ現金化について

クレジットカード現金化に興味はあるけれど、換金率が低そうで不安。そんな方にはアマゾンギフト券を現金化するのがおすすめ。

「高い換金率で現金化したい」
「損はしたくない」

そんな方々に向け、当記事ではクレジットカード現金化のひとつの方法、アマゾンギフト券の売買についてお話しいたします。
アマゾンギフト券の現金化なら

換金率が高い!?アマゾンギフト券売買の魅力や方法

通販サイトAmazon.jpではそれは様々な商品が販売されています。生活に必要なものはほぼ揃うと言ってよいのではないでしょうか。

ここでの買い物に使えるギフト券は、ほとんど現金と同等の価値を持つと言えるでしょう。そのため、クレジットカード現金化業界においても、アマゾンギフト券は高値で売買されます。つまりこれを取り扱う業者の換金率は比較的高いということです。

通常の現金化業者のHPを見ると、90%などといった高換金率が記載されていますが、これらはあくまで「最高換金率」であって、実際は70%程度に落ち着くことがほとんどです。

これに対しアマゾンギフト券を取り扱う業者の換金率は、平均80%強といったところ。現金と同等の価値を持つアマゾンギフト券をやりとりするからこそ、このような高換金率が実現されるのです。

ギフト券の発行方法

ここで一応、アマゾンギフト券の発行の仕方についてお話ししておきます。ただし、詳しくは後述しますが、業者に現金化を依頼する前にギフト券を発行するのはやめてください。損をしてしまいます。

さて、ギフト券の発行はアマゾンで行います。サイトにアクセスし、右上の「アカウントサービス」をクリックしてください。

次の画面で、中ほど右側にあります「Amazonギフト券」をクリックすると、残高・利用履歴の確認ページに遷移します。

そのページの左側にある「Amazonギフト券の購入」をクリックし、次の画面でギフト券の種類を選び、購入します。

アマゾンギフト券にはいくつかの種類がありますが、現金化に用いられるのは基本的に「Eメールタイプ」です。「ギフト券番号」の記載されたメールが指定のアドレスに届きます。

現金化のためにこれを発行する場合、送付先のアドレスを業者指定のアドレスに設定することになります(例外もあります)。

自分のアドレスに誤って送付してしまわないよう、お気をつけください。

現金化の仕方

それではアマゾンギフト券の現金化はどのようなプロセスで行われるのでしょうか。まず業者に依頼した場合を見てみましょう。

業者に依頼する際には、まず現金化の申込を先にします。事前にアマゾンギフト券を購入してはいけません。

申込み前に購入したアマゾンギフト券は買取を断られるか、換金率を下げられてしまいます。最初に申込みをして、そのあとに担当者の指示に従ってギフト券を発行します。

業者は届いたギフト券番号をアカウント登録し、使用可能かどうかを確かめ、問題がなければあなたの口座にお金を振り込みます。

次に自分で現金化をする場合についてお話しします。まずはギフト券を発行し、次にそれを金券売買サイトやフリマアプリに出品します。

自分でギフト券を売るメリットは、任意の値段をつけられるということです。額面(そのギフト券番号1個の金額)の98%で売るといったことも可能です。

 

が、それだとなかなか買い手がつかないので、せいぜい90%くらいを目安に値付けを行いましょう。売れなければ少しずつ値段を下げていきます。

売るときのポイント

出品者コメントに、そのアマゾンギフトの購入日、有効期限、ギフト券の種類(Eメールタイプ、カードタイプ等)、それと「確実にお送りします」といった利用者を安心させるコメントを載せておくと、売れる確率がアップしますよ。

アマゾンギフト券現金化まとめ

以上、アマゾンギフト券売買によるクレジットカード現金化についてお話しいたしました。なるべく高い換金率がいいという方には本当におすすめですね。

【関連】アマゾンギフト券の現金化なら